育児中に行政書士の資格をとることにした!

育児中に行政書士の資格をとることにした!

 

「育児中の空いた時間を有効活用しよう!」

と思い、産休ぐらいから始めたのが

資格のお勉強。

 

私が選んだのは

行政書士

の資格です。

 

実は、妊娠がわかる2年前ぐらいに、とろうと思って通信講座のテキストを購入していたんです。

 

でも、なんか焦りもなかったので

手もつけないまま押し入れの中に。笑

 

産休に入って、やる事がなくなり、

これは暇すぎる!

と思い、押し入れの中からテキストを引きずりだしてきてはじめることに。

 

行政書士の試験には、

民法、商法、憲法、行政法、基礎法学、一般知識

が出ます。

 

手をつけるまでは、どれもサッパリ!

法律なんて全くわかりませんでした。

 

じゃあ何故行政書士を選んだのかというと、

独立して開業できる仕事だからです。

 

実際、開業しても儲かるかどうかは難しいようですが、それはまあやってみてから考えよう!というお気楽な考えではじめました。笑

 




 

行政書士試験の合格率は3〜10%と非常に難関の試験で、合格できずに何年も試験勉強を行っている人も多いようです。

出題範囲が広いため、できれば1年半前、短くても8か月前から、1日数時間は勉強時間を確保し、計画的な勉強スケジュールを立てて取り組むことが必要だといわれています。

 

勉強をはじめたのが1月、試験は毎年11月に行われます。

 

間に出産を挟んだので、今で大体1日2時間×4ヶ月ぐらいは勉強しています。

テキストを4冊終わらせて、まだあと6冊あります。

試験まであと4ヶ月。

 

間に合わない!!!!

 

言い訳になりますが、育児をしながらの1日2時間の勉強は、中断されるので、倍時間がかかります。

 

寝返りでコロコロしだしたから、

これからハイハイとかするようになったら、もっと中断されるんだろうなあ。笑

 

間に合う気がしない!!!

 

まあでも、やり出したからには、今年も試験を受けてみて、無理なら来年!ぐらいの気持ちで頑張ります。

 

法律って難しいけど、わかりはじめると楽しくなってきて、普段の生活に当てはめられるから、ちょっと何かあると、

 

「あ、これは民法の~で勉強したやつだ!」

 

とか思っちゃいます。

 

「物を買う」とか「部屋を借りる」とか「結婚する」

ということに関する法律は民法に書かれています!

 

法律では難しく書いてあるけど、例をあげてみれば、すごい身近なことばかりなんです。

 

全くわからなかった文字がわかるようになってくるのって楽しい!!

 

 

私は行政書士の資格を学ぶのに、通信講座を選びましたが、

行政書士の資格をとるには4つの方法があります!

 

独学

資格スクール

通信講座

大学の法学部

 

行政書士試験は独学でも合格できるようですが、出題範囲が広く、応用的な問題も多く出題される傾向にあるため、過去問や法律を暗記すればよいという試験ではなくなっているようです。なので、独学はお勧めしません。

資格スクールや、大学に通える人はそれもいいですが、

 

育児中の方は断然通信講座がオススメ!

 

というか、それしかできない!!

 

 

私はわかりやすいように「漫画でわかる」シリーズと併用しています!

 

 

赤ちゃんが小さいうちは、寝ている時間も多いので勉強するチャンスです!!

 

私は、朝、旦那を見送ってからお昼までを勉強の時間にしています!

その間娘は朝寝しているか、起きている場合は朝は機嫌がいいので一人で遊んでいてくれます!

(こんなときに以前ご紹介したプレイジムが大活躍!↓↓)

忙しいママにオススメ!買って良かった赤ちゃんのおもちゃ、プレイジム!

 

あと4ヶ月でテキスト終わるかなー!

 

頑張るのみ!!!!




 

 



 

 

子育て日記カテゴリの最新記事