リトミックって?赤ちゃんと一緒に音楽を楽しもう!

リトミックって?赤ちゃんと一緒に音楽を楽しもう!

リトミックを体験してきた!

昨日は、ちょっとお出かけ。

大阪市の浪速区親子フェスタ音楽会」に行ってきました。

なんせママ友がいないので、娘の人見知りの緩和になればいいなーと。

今回は浪速区民センターで開催されていて、自由参加OKでした!

はじめて行ったのですが、大勢のママさん&お子さんが来ていました!

演奏していたのは、大阪市西区「ピアノ&リトミック教室リトぴよの皆さん。

演奏している皆さんも、ママさんなようで、ボーカル担当の方は、小さい男の子を連れて来ていました!

演奏中にマイクをとって歌ったり、楽譜を倒したりと、ヤンチャなかんじがとてもかわいくてほっこりしました!笑

皆さんママになっても、好きなことをしていて、キラキラ輝いて見えました!

「子どもがいるから」

を理由にして、やりたいことを諦めてはいけないですね!

お子さんを連れて来ていたママさんたちも、皆幸せそうで、会場一体が幸せな空間でした!

うちの娘は、はじめての楽器演奏に、目をパッチリ開いて、少しびっくりしたような顔をしながらも笑顔で楽しんでいました!

リトミックというリズム遊びの時間もあったので、母子ともに一緒に音楽を楽しめました!




<リトミックとは?>

リトミックって流行ってるみたいですね!

Wikipediaさんによると、

リトミック(フランス語: rythmique、英語: eurhythmics、ユーリズミックス、ユーリトミクス)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、新教育運動の絶頂期に、スイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズが開発した音楽教育の手法。

ほう!

フランス発祥の音楽教育法なんですね!

どんなものかというと、

  • リズムに合わせて手遊び
  • リズムに合わせて体操
  • 楽器を鳴らしてみる

というもの!

音楽に合わせて手遊びをしたり歌ったり、楽器や、身近な生活用品で音を鳴らすなどして、音楽そのものと表現を楽しみます!

<リトミックの効果は?>

表現力が豊かに

リトミックの、音楽を自分で感じたように表現するという行為が、大きくなってからの表現力につながるようです。

演劇などの練習にもリトミックは使われているようです!

運動神経もよくなる

リズム感が良くなることは、運動能力の向上にも繋がるそうです!小さい頃にリトミックをしていると、運動神経もよくなると言われています。確かに、サッカーやバスケ、陸上など、様々なスポーツでリズム感が大切ですよね!

集中力アップ

リトミックでは即時反応力を必要とします。即時反応力とは、音やリズムの変化にすばやく反応する力のことで、「音が聞こえたら動く」、「音がなければ止まる」などのレッスンを行います。音にすぐ反応するために、常に音に耳を傾けているので、集中力アップします!

親子のコミュニケーション

親子でリトミックをすることで、ママも子どももリラックス、ストレス発散できます!子どもは、ママが楽しそうにしていることを一緒にするのが大好きなんです!絵本と一緒ですね。

赤ちゃんのための「絵本の読み聞かせ」の効果と絵本の選び方!

親子で一緒に音楽を楽しみましょう!

<自宅でリトミック!>

私は都会に住んでいるので、リトミック教室などもたくさんありますが、「近くにそんなのない」、「行く時間がない」というような人のためにDVDもでています!

私も夏は家出るの暑いしDVDにしようかなー!

リトミックの話になりましたが、

昨日の音楽会は、とても良い経験になりました。

また行こーっと!!




おでかけカテゴリの最新記事