ブックスタートに行ってきた!

ブックスタートに行ってきた!

ブックスタートに行ってきた!

 

今日はブックスタートに行ってきました!

もう絵本は読んでいたのですが、ママ友がいない私はご近所のママさんとの交流もしたかったのでとても良い時間でした!

7人ぐらいのママさんが来ていて、同じ6か月ぐらいの女の子がおすわりをしていたので、試しにうちの娘もさせてみたら、なんと、できるようになっていました!

 

 

そういう発見もできるので、やっぱり子どもの交流は必要ですね!

皆さんも、お近くのブックスタートに参加してみてください!

 

 




ブックスタートって?

ブックスタートは、0歳児健診などの機会に、絵本をひらく楽しい「体験」と「絵本」をセットでプレゼントする活動です。

抱っこのぬくもりの中で絵本を読んでもらう心地よさや嬉しさを「すべての赤ちゃん」に届けます。

赤ちゃんの幸せを願い、行政と市民が連携して行う自治体の事業です。

NPOブックスタート

 

ブックスタートは1992年にイギリスのバーミンガムではじまった活動で、日本には2000年から実験的にスタートし、徐々に広がっていったようです。

なんと日本は、世界で2番目にブックスタートを実施した国だそうです!

 

キャッチフレーズは、“Share books with your baby!”。 絵本を「読む(read books)」のではなく、赤ちゃんと絵本を開く楽しいひとときを「共にする(share books)」。

NPOブックスタート

 

ブックスタートはいつから行ける?

ブックスタートは、0歳の検診の時に行われるか、私は大阪なんですが、3か月検診の時にブックスタートチケットを頂き、希望の日にち、場所のブックスタートに参加できるというものでした。今日私が行ってきたブックスタートでは3か月の子から9か月の子までがいました。

各自治体によって対象月齢が違うようなので問い合せてみてください!

 

ブックスタートはどこでやっている?

ブックスタートの場所も各自治体によって違います。

私は近所の保育所に隣接している子ども支援センターに行ってきました。各自治体のホームページなどで確認できると思います。

 

ブックスタートの絵本の内容は?

絵本の内容も自治体によって異なるみたいで、私の地区は「いないいないばあ」でした。

 

 

小さい頃に呼んでもらっていた本なので、とても懐かしくて、今度は私が娘に読んであげる番だと思うと嬉しいですね!

ブックスタートで赤ちゃんと絵本の素晴らしい時間を!

ブックスタートで赤ちゃんと絵本を読むことの素晴らしさを体験しましょう!

絵本の読み聞かせの効果についてはこちらの記事で書いてあるのでよかったら読んでみてください!

 

 




おでかけカテゴリの最新記事