赤ちゃんの手づかみ食べはいつから?なぜ手づかみ食べが良いの?

赤ちゃんの手づかみ食べはいつから?なぜ手づかみ食べが良いの?

赤ちゃんの手づかみ食べはいつから?なぜ手づかみ食べが良いの?

 

 

離乳食後半になると、赤ちゃんには「手づかみ食べ」をさせることがおすすめです!では、なぜ「手づかみ食べ」が良いでしょう?そして、いつから「手づかみ食べ」を始めたら良いのでしょう?今日は赤ちゃんの「手づかみ食べ」について書いていきます。

 




なぜ「手づかみ食べ」が良いの?

赤ちゃんは生後5カ月頃から、手で触れたものを何でも口に持っていき、なめたりしゃぶったりしますよね。大人からしてみれば、衛生面や誤飲などが気になり止めたくなりますが、実はその行動にも理由があるのです。なめたりしゃぶったりすることで舌の感触で五感を働かせながら、外の世界を認識していくのです。脳の発達にも影響があると言われています。

そして目で見て、手で触わり、口に入れながら、温度や形、やわらかさ、質感など、さまざまな情報をインプットしていきます。

赤ちゃんがご飯を食べる時、食べものに触り、つかみ、口に運ぶという一連の動作は、慣れない赤ちゃんにとっては非常に難しいものです。試行錯誤の中で動作を繰り返して感覚機能や運動機能の協調性、認知力などを高め、力のコントロールや、食べるのにちょうどいい分量、食べものと自分との距離感覚などを1つ1つ学んでいきます。そしてやがて、スムーズな動きができるようになります。

「手づかみ食べ」は、「汚い」や「散らかる」などの理由でどうしても粗暴な姿に見えてしまうのが難点ですが、離乳後期から手づかみ食べを十分に経験させてあげることが、のちにスプーンや箸を使って上手に食べられるようになるための基礎をつくるといいます。

さらに、大人でも同じですが、手先を使うことは脳を活性化させます。老人がボケを防止するために手先を使うことが良いのと同じですね。

 

「手づかみ食べ」はいつから始める?

赤ちゃんは、自我が順調に育ってくると、離乳食後期、9カ月前後から自分で食べたがるようになります。それぐらいの時期にスプーンで食べさせようとすると嫌がったり、離乳食の時間にぐずるようになったら、一度「手づかみ食べ」にチャレンジしてみましょう!この頃になると、「歯茎で潰せる固さ」の離乳食が食べられるので、柔らかく茹でた野菜や、お豆腐などから試してみましょう。

「手づかみ食べ」はママにも嬉しい!

上手に「手づかみ食べ」ができるようになると、1人でご飯が食べられるようになります。(喉に詰まらせたりしないように、近くで見ておかなければいけませんが。)なので、スプーンで食べさせてあげてた頃と比べて、ママも手が空くので、一緒にご飯を食べることができます。今まで離乳食をあまり食べなかった赤ちゃんも「手づかみ食べ」に変えてから食欲が増すということも!頑張って作ったご飯をもりもり食べてくれると嬉しいですよね!

食事のマナーは後からでOK!

「手づかみ食べ」をするようになると、食べ物を投げたり落としたり、ぐちゃぐちゃにしたりと、「やめてよー!!」と思うことが増えます。でも、食事のマナーを教えるのは3歳ごろになってからで大丈夫です。それまでは、まずは食べること=楽しいと思えるように食事を自由に楽しんでさせてあげましょう。「ご飯を落としたら食べられない」「ぐちゃぐちゃにしたら掴めない」など、赤ちゃんはやってみることで学ぶのです。怒りたくなることもありますが、暖かい目で優しく教えながら見守ってあげましょう。

 




「手づかみ食べ」のおすすめレシピ

ひとくちおにぎり

Cpicon ひとくちおにぎり(離乳食後期〜) by 柴福*

「手づかみ食べ」をするようになったら、おにぎりにしてあげると喜んで食べてくれます。急に食べなくなったりした時は、ふりかけを混ぜたり、ご飯の固さや大きさを変えたり、工夫してみてください。

 

離乳食後期!栄養満点かぼちゃおやき♪

Cpicon 離乳食後期!栄養満点かぼちゃおやき♪ by mokulinn

手づかみで食べられるようになったら、おやきもおすすめ!中身はなんでもOK!ご飯を混ぜたり、バナナやさつまいもで甘いおやきも。冷蔵庫にある食材でできちゃいます。

【離乳食 手づかみ】人参蒸しパン

Cpicon 【離乳食 手づかみ】人参蒸しパン by fuu__mama

朝食やおやつに蒸しパン♪面倒な場合はチンするだけの蒸しパンも売ってます。


ピジョン レンジで蒸しパン ほうれん草&小松菜 2食入りピジョン その他料理 ベビーフード

 

離乳食手づかみ☆卵サンドイッチ

Cpicon 離乳食手づかみ☆卵サンドイッチ by ♡ひぃらぃ♡

サンドイッチもおすすめです!お弁当にも向いているので、お出かけのときにも。

 

「手づかみ食べ」で楽しいご飯タイムを!

「手づかみ食べ」ができるようになったら、どんどん手づかみで食べられるご飯を作ってあげましょう。「手づかみ食べ」をしないからといって焦らなくても大丈夫です。成長スピードにはそれぞれ個人差があるので、徐々にできるようになります。まずは、赤ちゃんが楽しくご飯を食べられる環境を作ってあげましょう!

 






育児のお悩みカテゴリの最新記事